top of page

ワークショップ「リサイクル紙で作る袋作り」

4/28(日)に開催させて頂きましたお作りの会「リサイクル紙で作る袋作り」ご参加いただきました皆様ありがとうございました!

ワークショップで作った作品

ご覧下さいこの可愛い袋の数々!

こちらはオツクリの会皆様でチャレンジしたオリジナルの袋達。

どれも個性があって素敵ですねー


未使用で日付が過ぎたイベントやチラシ、新聞など出番が無く破棄に向かう紙を利用して作った袋はどれも味わいある渋いデザイン。今回はそんなエコなワークショップを開催致しました!!


先生は紙もの作家「tetoiro」野尻 千恵子さん。

最初は数種の形、サイズの袋の作り方を優しくレクチャー頂きその後の紙選びやデザインや紙の使用する場所などはすべて自分のセンスという事で御座います。

最初は戸惑い、おしゃれに作れるのかなーとの不安もありとてもの緊張です。。


ですが、お隣さん同士や皆様が「可愛いー!」、「素敵ー!」と認め合ってくれる事もあり段々と成長、心も盛り上がり楽しくオツクリが進むのでした。

毎度思うのですがこれがワークショップの良い所で、人それぞれである事を尊重してくれるので自信をもって作品に取り込めます。


今回のワークショップは小学生の方から大人の方々のご参加で皆様同じ気持ちでオツクリに集中出来ます。いっしょに時間を過ごせて幸せですねー。


古い北欧の切手や新聞紙、カラフルな紐などもご用意、アイデア豊富にオリジナルの袋を仕上げていきます。形が同じ袋でも全然違う袋なので勉強にもなりますねー。

なんなら他の方が作った他の袋が欲しくなってしまうという事も。













今までお店で買ってプレゼントのラッピング用品を準備しておりましたが、これからは自分で作った袋で渡せたらな と思います。

驚かせてみせる! そんな感じでしょうか。


何事もチャレンジする事が大事ですー










そして最後はおやつの時間。


近くのCafeにご準備いただきスパイシーな「キャロットケーキ」と北欧のコーヒーを食します。

ものづくりの充実感とオツクリの疲れに包まれながらの甘いお菓子。

心も体も大満足のワークショップなのでした。


最後はみんなの作を並べて撮影会。

あらあらトラさん。

迫力のある作品です。

レトロな麦わら帽子袋からビッシリと古切手に包まれた袋まで。

個性ある作品の数々です。


GWの日曜日に開催されたオツクリの会は大成功!

そしてお作り頂いた作品を手に次なる地へと向かわれたのでした。

皆様お疲れ様でした。


私達は早速お店で御買い上げ頂いたお客様に手作り袋で商品をお渡ししております。

皆様も「袋」活躍されているのかなー と思いながら私達、

本日も袋を作っております。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

Comments


​5/11 Almedahlsのテーブルクロス入荷!

bottom of page