top of page

北欧雑貨探しの旅_その3

メリークリスマス!

本日は雑貨探しでは無くクリスマスについてのお話を。


今回北欧に行きたかった理由のひとつとして「クリスマスマーケットに行く」事。

これは15年前くらいから思っていた事なのですが、北欧屋さんを営んでいるのに本場のクリスマスマーケットに行ったことが無い。年末クリスマスマーケットに出店してるのにクリスマスの商品を説明しても良いのかな とずっと思っておりました。

しかし12月はとても忙しい時期であることも事実。

仕事を少しずらして行って参りましたー。

数カ所のマーケットに行ってきましたがこちらはヘルシンキ大聖堂のマーケット。ここではとても賑やかなクリスマスマーケットが開催されておりました!

午後3時過ぎですが周りは薄っすらと日が暮れ、あちこちに明かりを灯してとってもきれい。ぼんやりした雰囲気がお洒落だなーと思いました。賑やかでもあるのですが。。。


たくさんのお店が出店しておりますが、時期的にもニット類を扱ったお店が多いかなと思いました。わたくしはあちこちまわってニットのミトン型手袋を購入。-3℃だったので携帯を持つ手もブルブル震えておりましたので助かりました。こちらは帰国後のお気に入りでもあります。


屋台の装飾もどこか質素で素敵です。クリスマス感が増しますねー。

他、飲食店では多くの方がホットワインやこの時期に楽しむクリスマスの飲み物「グロッギ屋さん」で早くの時間からの一杯も。

こちらは別の街のクリスマスマーケット。ここではクリスマスの妖精「トントゥ」がテントの隙間からこちらを怪訝そうな顔で見てどこかに消えてしまう という演出?も。

いたずら好きなトントゥを一瞬だけ見かけるのです。

とっても可愛いですねー。


この時期にきてやっぱり良かったとも思います。寒いのですがとても温かい気持ちになったのでした。手作りの手袋を買って暖かいものを食べ、幸せのトントゥと出会える。。。小さな頃に帰ったような気持ちになったのでした。


時間は掛かりましたが「クリスマスマルシェに行く」という目標は達成したのでした。


閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page