top of page

ヴィンテージウニッコの魅力

これからの薄暗い季節にピッタリ!室内使いにオススメのヴィンテージファブリックをUP致しました!

こちらはマリメッコを代表するデザイン、UNIKKOの生地。

カラフルで可愛いケシのお花が生地いっぱいに描かれていますねー。


現在も毎シーズン色を変え大きさや配置を変えた日々進化をしたウニッコもオシャレで素敵ですが、わたくし達は使い込まれた古いウニッコの生地が大好きで、ヴィンテージショップで見つけた際には大きく広げて使い込まれた感を見比べながら選ぶようにしています。


今回はそんな北欧の街中で見つけた「ヴィンテージ ウニッコ」の魅力をご紹介させて頂きます!


ー 食卓用としても活躍します! ー

こちらはテーブルクロスとして使用した今から2,30年前程前のピンクのウニッコの生地。

ビビットなカラーではありますが全体的に使用感があり色も落ち着いた感じに。

この使い込まれた表情のおかげで食器や料理などの彩りの邪魔も無く、テーブルも明るく美味しい食事も楽しめます。

可愛いお花柄のウニッコもヴィンテージの生地だとちょっと大人な食卓になりそうですね!


ー お部屋のお洒落な壁掛けとしても ー

こちらはイエロー。1960年前後に発売されていたウニッコの生地で、ホワイトベースに黄色のお花はシンプルでわかりやすい色調です。

こちらは更に年代が古い事もあるのでしょう。レトロさも増してよりお気に入りです。今から60年前のものですので使用感や汚れ、色褪せなども見られますがそれもまた良し。白い壁にも良く馴染みます。柄が大きいお花柄も迫力あります!



ー ぼんやり眺めたくなる生地です ー

心や体のお疲れの時にもヴィンテージウニッコの生地は活躍します!

時間の経過を感じさせる生地感と元気に咲くお花柄の表情がどこか愛くるしく、ノスタルジックな空気で自身を包んでくれます。

こちらは夕方に撮影したブラウンのウニッコの生地

この生地を通して差す太陽の光はどこか優しく室内をセピア色の世界に。懐かしい小さい頃の思い出なども蘇らせてくれます。。。素敵な生地ですねー。


優越感も ー Marikangas時代のウニッコとは ー

今回ご紹介した内の5枚(イエローオレンジブラウンブルー/イエロー)はマリメッコという名前になる前の時代、1950年代の短い期間に使用されていたブランド名「Marikangas」の時代に作られていたもので、生地の耳にはデザイナー名と一緒にMarikangas Maritextileと書かれている少々珍しいファブリックです。生地を広げて飾る際にはこのブランド名が見えるのもカッコいいかな と思います。

様々人を経て手元に来てくれた貴重な生地。この生地が持つ表情を楽しみたいものです!

定番のデザイン「UNIKKO」は様々な場所で活躍する素晴らしいデザインですが、ヴィンテージという風合いが加わると更に素敵な風景を見せてくれます。

私達のお勧めしたい生地です!

ぜひ各色ご覧になって下さいね!

様々な商品が御座います!OSINAMONOからどうぞ


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page